スーパームキコートクリヤー

サイディングの保護に最適な塗料「スーパームキコートクリヤー」

超耐候性と耐クラック性を兼ね備えたクリヤー塗料
スーパームキコートクリヤー

新築時の外観を蘇らせ、長期間にわたってボード材を保護

新築時の外観を蘇らせ、長期間にわたってボード材を保護

日本窯業外装材協会では、窯業系サイディング(外壁材)『維持管理のしおり』の中で、塗り替えは5年以上経過したら実施してくださいと明示されています。
スーパームキコートクリヤーは、サイディングの保護に最適なクリヤー塗料です。

超耐候性無機ハイブリッド塗料
スーパームキコートとは?

ガラスやお茶碗などの陶器と同じ特徴を持っているスーパームキコート

そもそも「無機」とは?

ガラス、お茶碗などの陶器をいくら日に当てても色あせたり、劣化することはありませんよね?無機はこの陶器と同じ特徴を持っています。
紫外線や暴露に強いのが無機質の特徴です。
常に紫外線や雨風にさらされる家を守るため、無機の特徴を生かしたハイブリッド塗料!それがスーパームキコートです!

高級長持ちフッ素を超える!塗料界No.1次世代型スーパームキコート!数々の実験で実証済み!業界注目のスーパームキコートの底力

促進耐候性試験(スーパーUV)の結果、20年以上経っても光沢保持率80%以上!(スーパーUVは35~50時間で1年の天然暴露に相当します。)

上のグラフは各塗料に約20年分(約800時間)の紫外線をあてて劣化の進み方を光沢保持率で表し、比較したものです。
 
光沢保持率が一番長いのはスーパームキコートですね。
そこで注目していただきたいのは、光沢保持率が「いつ」下降し始めるかです。
耐久年数が10年のシリコンは試験時間にして200時間(実年数で約5年)を超えたあたりから、高耐久と言われるフッ素は試験時間にして400時間(実年数で約10年)を超えたあたりから、劣化がスタートします。
 
ほとんどの塗料が実際に言われている耐久年数の半分を過ぎたあたりから塗膜自体の劣化が始まるのです。
一方、スーパームキコートは耐久年数を20年~あたりに位置づけています。
 
その根拠は上のグラフをご覧いただけるとわかるのですが、劣化のスタートが他の塗料と違って耐久年数の20年を超えたあたりから緩やかにスタートします。

 

エコペイントでクリヤー塗料で外壁をいつまでも美しく
お客様のニーズに合わせて最適な塗料と施工をご提案します!

  • セラミック系外壁保護クリヤー塗料「UVプロテクトクリヤー」
  • UVプロテクト4Fクリヤー
  •  

クリヤー塗料の施工事例一覧はこちら!
エコペイントはお電話でのお問い合わせも受け付けております。また、無料の外壁・屋根診断のご相談なども気軽にお電話ください。

おすすめ塗料 ~エコペイントおすすめ高機能塗料~

  • スーパームキコート
  • アステック
  • 遮熱・断熱塗料
  • ファイン4Fセラミック
  • クリヤー塗料
  • ナノコンポジットW
  •  

エコペイントはお電話でのお問い合わせも受け付けております。また、無料の外壁・屋根診断のご相談なども気軽にお電話ください。